買取時に必要な書類は?

買取時に必要な書類は?

車買取を少しでも早く完了したい場合は、必要な書類を事前に準備しておかないといけません。
買取時に必要な書類は、店舗によって違いますが、基本的には、自動車検査証(車検証)、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、印鑑登録証明書となり、他に実印と、リサイクル券がある場合はリサイクル券も必要になります。
また、車検証と印鑑登録証明書の住所が違う場合は、一度だけ変わったのであれば住民票が、2回以上変わったのであれば、戸籍の附票が必要になります。
結婚などで姓が変わっている場合は、戸籍謄本が必要になります。あとは、店舗で記入する書類として、譲渡証明書や委任状などが必要になります。

なくしてしまった場合は

しかし、車検証や自賠責保険証、納税証明書を失くしてしまう方もいます。
そのような場合、車検証は陸運局で、自賠責保険証は保険会社で、納税証明書は都道府県税事務所で再発行してもらえますので、事前に再発行の手続きをしておきましょう。
なお、納税証明書と自賠責保険証は、無料で再発行してもらえますが、車検証は申請書類代と手数料がかかります。
また、自賠責保険証の再発行には、免許証などの身分証明書が必要になります。自賠責保険証を失くした方は、保険会社が分からない方もいますが、その場合、車検を受けた会社に問い合わせてみると、教えてくれることがあります。
車の売却を検討している方は、オンラインの一括査定などを受けた後に、事前に準備をしておいて、まだ売却を検討していない方は、将来売る時の為に、このような書類を紛失しないように気を付けておくと良いでしょう。